Semaltは、JavaScriptと他の言語とのWebスクレイピングの比較を提供します

JavaScript(略してJS)は、動的なマルチパラダイムおよび高水準プログラミング言語です。 Python、HTML、CSS、Rubyと同様に、JavaScriptはWebサイトをインタラクティブにし、ネットからデータを取得するために使用されます。ほとんどすべてのWebサイトとブログはJavaScriptを採用しており、最新のWebブラウザーは組み込みエンジンによりJavaScriptをサポートしています。

WebスクレイピングにおけるJavaScriptの役割:

JavaScriptはマルチパラダイム言語として、さまざまなWebスクレイピングおよびデータ抽出プロジェクトをサポートしています。テキストと画像のスクレイピングと正規表現の操作にAPIを使用します。 JavaScriptエンジンはさまざまな種類のスクレイピングソフトウェアに組み込まれており、読み取り可能でスケーラブルなデータをハードドライブに瞬時にダウンロードするのに役立ちます。

JavaおよびJavaScript – Webスクレイピングに最適な言語:

言語名、標準ライブラリ、構文など、JavaとJavaScriptの間にはさまざまな類似点があります。それでも、JavaScriptはJavaよりもはるかに優れており、Webスクレイピングおよびスクリーンスクレイピングソフトウェアの構築に広く使用されています。スクレイピングしたいデータが整理された形式で存在しない場合があります。動的に生成される場合があります(AJAX、Cookie、およびリダイレクトを使用)。特定のJavaScriptコードを使用して、未整理の生データを構造化および整理された形式に変換できます。これと比較して、Javaは限られた数の機能とオプションを提供し、データを適切に編成することを困難にします。

JavaScriptとPython:

残念ながら、JavaScriptはPythonほど効果的ではありません。 Pythonライブラリは、ウェブスクレイピングで重要な役割を果たします。たとえば、BeautifulSoupとScrapyは、動的サイト、HTMLおよびXMLファイル、PDFドキュメント、プライベートブログからデータを抽出するために広く使用されています。さらに、Pythonはお気に入りのパーサーで動作し、構文解析ツリーをナビゲート、検索、および変更する慣用的な方法を提供します。時間とエネルギーを節約し、適切にスクレイピングされたデータを確実に提供します。 JavaScriptとは異なり、Pythonは複雑なデータスクレイピングプロジェクトの実施に役立ち、一度に複数のタスクを実行できます。

JSとRubyの比較:

Rubyはプロダクションデプロイメントに優れており、Rubyでの文字列操作はJavaScriptよりもはるかに優れています。また、Rubyはウェブページを適切に分析するのに役立ち、 コンテンツのスクレイピングを容易にします 。壊れたHTMLファイルを処理し、それらから即座にデータをこすることができます。残念ながら、JavaScriptは壊れたXMLおよびHTMLファイルからデータをスクレイピングすることができません。 Rubyには、LoofahやSanitizeなどのさまざまな拡張機能もあり、壊れたHTMLコードのクリーンアップに役立ちます。 Rubyの唯一の欠点は、Rubyに機械学習とNLPツールキットがないことです。

結論:

動的または複雑なサイトから定期的にデータを取得する場合、JavaScriptは適切な言語ではありません。ただし、JavaScriptベースのトラフィック追跡ツール(Google Analyticsなど)を使用して他のタスクを実行できます。このデータ主導の世界では、情報は常に変化し続けるため、常に警戒する必要があります。 JavaScriptでは、読み取り可能でスケーラブルなデータを効率的に取得することはできません。つまり、RubyとPythonの両方がJavaScriptよりもはるかに優れており、複数のWebページから情報を取得するのに役立ちます。 JSは、基本的なWebクローラーとデータスクレーパーの構築にのみ適しています。コーディングは簡単で、コードのどの部分もブロックせずにWebページにインデックスを付けることができます。